自宅をしっかり補強して自己防衛

CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

UPDATE CONTENTS

懐事情に合わせたプランを選択

» MORE...

築年数によって大きく変わる補強工事の費用

» MORE...

補強工事は壁が中心

» MORE...

最適な素材で耐震補強工事

» MORE...

POST LIST

2017年08月07日
補強工事は壁が中心を更新しました。
2017年08月07日
最適な素材で耐震補強工事を更新しました。
2017年08月07日
懐事情に合わせたプランを選択を更新しました。
2017年08月07日
築年数によって大きく変わる補強工事の費用を更新しました。

建設会社がしている耐震補強工事の事

業者が大きなビルの近くに足場を作り、何かをしている時は建設工事か耐震補強工事中と見ていいです。大きな音を立てることが多いため、作業は主に日中に行われます。補強工事は、アルファベットのような形をした何かを設置したり、壁を分厚くさせたりします。文字のような形がついた時は、地震による揺れから壁を支えるのが目的です。また、壁を厚くさせた時は、外壁が崩れるのを防ぐのが狙いです。どちらの場合も大きな揺れに対抗するための措置として、大いに役立ちます。
高速道路の橋を支えている足の所で、工事をしている人を見たことがありますか。彼らは耐震補強工事のため建設会社から来た業者達です。作業により橋脚を増設または補強して厚くさせ、地震が来ても問題なく耐えられるようにするのが目的です。作業現場は人家が近くにない場合がほとんどなので、工事をしていても周囲に気づかれないことが多いです。
建設会社は体育館の床下を耐震補強工事することもあります。依頼を受けると、床を全て引き剥がして足場となる基礎を作り始めます。そして基礎の部分をコンクリートで固めていきます。その後に丈夫な木の板を張って体育館の床にします。作業は学生が長期休暇に入ってる時に行われるので、授業の妨げにはならないです。

耐震補強工事が必要な理由

今各地方で起こっている震災、地震や津波大雨による自宅が倒壊するといった被害が増えてきています。そのため各地方で今震災の可能性がある地方で進んでいる耐震補強工事と言うものがあります。自宅を震災などから守るために、ある一定の耐震強度を満たしている住宅でもさらに耐震補強工事をして地震等が来たとしても耐えれる住宅にしている人たちが増えています。
なぜ耐震補強工事が必要なのかといいますと、自分たちが住む自宅が震災などで倒壊してしまえば自分たちが帰る場所がなくなるといったことを防ぐためにも耐震補強工事をして震災などから自宅を守るといったことをする人たちが増えています。自分たちが住んでいる自宅がなくなれば帰る場所がなくなり実際に震災に遭われた人など自宅を失った人などが仮設住宅で暮らしているといった状況になっているのです。
仮設住宅で暮らしていると様々な不便なことがあります。そのため自分たちが住む場所は絶対に震災から守らなくてはなりません。そのため耐震補強工事が必要になってくるのです。耐震補強工事は、住宅を購入した際などに、ハウスメーカーや工務店等に耐震補強工事を依頼すると施行してもらうことができるのです。

耐震診断・工事に関する情報がダウンロードできます。 耐震診断をはじめとした専門的な見地から建物の調査診断をし適切なリニューアル工事の提案も行っています。 30年を超える経験を生かしサービス提供しています。 住まいのリフォームでは女性建築士(リフォームプランナー)が設計&コンサルティングを行っています。 創業30年超の信頼と実績。耐震補強工事は新日本リフォームまで!

Copyright(C)2017 地震大国に住む人間には必須の耐震補強工事 All Rights Reserved.