補強工事は壁が中心

CALENDAR

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

UPDATE CONTENTS

最適な素材で耐震補強工事

» MORE...

補強工事は壁が中心

» MORE...

築年数によって大きく変わる補強工事の費用

» MORE...

懐事情に合わせたプランを選択

» MORE...

耐震補強工事の効果

東北大震災、熊本大震災など近年で大規模の地震が頻発しており、日本プレートが重なっておりいつどこで地震が起こってもおかしくない地震大国としてしられています。東北大震災や熊本大震災によって日本国民の地震に対する警戒心はより一層高まったことと思います。
今でも、あらゆる地域で地震が起こっており、将来的には南海トラフ地震が起こることも推測されています。南海トラフ地震は甚大な被害になることが予測されています。このような推測がなされている中、私たち日本国民は何をするべきなのでしょうか。それは備えです。地震が起きても大丈夫なように備えることが大切です。大震災の後には防災グッズの買い占めが相次ぎましたが、家屋などの建物に対する対策も必要です。
その1つとして、耐震補強工事があります。公立学校などにはこの耐震補強工事がされているところが多いですが、家屋に対して耐震補強工事をしているところは少ないでしょう。耐震補強工事をしたら全く家屋が崩れなくなるのかと言われると疑問ですが、ほぼ倒壊することがなくなると言われています。
日本の家屋は耐震の補強が行われている家屋が多いですが、建てられて長い家屋は大きな地震が来るとすぐに倒壊してしまいます。自分の命は自分で守らなければなりません。耐震補強工事を行うなどして、地震に備えましょう。

地震に備えろ!耐震補強工事の種類

地震が多い国として知られている日本では、いつ地震が発生して家屋倒壊になってもおかしくありません。阪神大震災の時には家が壊れてその下敷きになりたくさんの人が命を失いました。そのような事をまた繰り返す事がないようにできる対策には耐震補強があるでしょう。では耐震補強工事の種類はどんなものがあるのでしょうか。
耐震補強工事の種類について説明します。まずは壁を補強するやり方です。耐震性の優れているコンクリートの壁をバランスを考えて配置する事により建物の耐震機能は向上します。ただし、この方法は壁を増やす事により建物の使い勝手が落ちる事もあり他の工法と合わせて工事します。外部にバットレスを増設するやり方も壁を増やして耐震強度を高める方法です。
敷地にゆとりがある時には、内部の使い勝手を損なう事なくできるのです。また鉄骨ブレースで補強するやり方もあります。壁を増やす方法では空間が遮られてしまうために、鉄骨ブレースを使う事があります。
建物のフレームの内側に取り付けるケースと、建物の外側に取り付ける時があります。他にも鉄板で柱を補強する方法もあります。これにより地震が起きた時に粘り強くなります。またスリットを入れる事で建物を揺れから強くするやり方もあります。いつ来るか分からない地震のために建物の補強をしておきましょう。

Copyright(C)2017 地震大国に住む人間には必須の耐震補強工事 All Rights Reserved.