最適な素材で耐震補強工事

CALENDAR

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

UPDATE CONTENTS

最適な素材で耐震補強工事

» MORE...

補強工事は壁が中心

» MORE...

築年数によって大きく変わる補強工事の費用

» MORE...

懐事情に合わせたプランを選択

» MORE...

耐震補強工事をしないとどうなる?

耐震補強工事は、大地震に備えた対策としても重要で、旧耐震基準で建設された建物は想定外の大地震がきたら、倒壊の可能性が高くなります。新耐震基準で建てられた建物の耐震性は、阪神淡路大震災の時証明され、倒壊の確認はありませんでした。耐震補強の耐震とは、壁や柱などの強度を高め、地震による揺れや振動に耐えられるようにすることです。
耐震補強工事は、一般の住宅に向いた工法で制震は高層マンションなどで用いられる工法です。また、免震というのは地面と建物を離すことで、揺れを防ぐ工法です。耐震性は、地盤や建物の形状などによっても変わる為、土地と建物を含めて考える必要性があります。旧耐震基準で建てられた建物を、耐震工事しないと大地震に耐えられない可能性がある、という事を認識した場合実際耐震工事はどうやるのか疑問になります。
耐震工事は、土台や基礎を補強して耐震性を高くしていきます。コンクリートの建物なら鉄筋を入れて、鉄筋コンクリートの建物にします。土台の場合は、シロアリなどの影響で腐食した部分を交換したり、耐震金具などを取り付け補強していき、屋根も耐震工事を行い軽量な材質に変えます。耐震工事の相場は、おおよその目安として木造住宅の場合には、150万円を超えない程度となっています。

炭素繊維を使用した耐震補強材が売れている

東日本大震災や熊本地震が発生している日本において、建物に地震の対策を行うことはとても重要なことです。しかし耐震補強工事を行うととても高額な金額がかかってしまいますのでなかなか補強工事を行うことができないのが実態だと思います。
耐震補強工事と言えば一般的には壁を追加して補強しますが、建築技術の発展によって炭素繊維を使用した耐震補強の技術が確立されています。炭素繊維は今ある繊維のなかでとても高強度な繊維でありその炭素繊維を束ねて直径数センチのロッド状にしたものを耐震補強材として利用するのです。
ロッド状にした炭素繊維は家を建てるときに柱と柱の間に補強材として利用することも出来ますし、建物を建てた後に炭素繊維のロッドをテントの様に地面に固定して支えることで耐震補強を行うこともできます。炭素繊維のロッド一本一本が軽いので簡単に施工できますし、利用できなくなったとしても簡単に処分することが出来るのでとても扱いやすい素材になっています。
今後日本では当南海地震や首都直下型地震が発生すると言われており国内の大都市の建物の補強が急遽必要だと言われております。そのためこの炭素繊維の耐震補強用のロッドはこれからますます需要が増えていくと考えられています。

Copyright(C)2017 地震大国に住む人間には必須の耐震補強工事 All Rights Reserved.