懐事情に合わせたプランを選択

CALENDAR

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

UPDATE CONTENTS

懐事情に合わせたプランを選択

» MORE...

最適な素材で耐震補強工事

» MORE...

補強工事は壁が中心

» MORE...

築年数によって大きく変わる補強工事の費用

» MORE...

耐震補強工事について

耐震補強工事とは、現在建っている住宅や建物に対して補強を行う工事になります。これはどういった箇所に行われる工事かと言いますと、屋根裏や床下において補強材を付ける工事になります。この工事を行う事によって現在建てられている住宅や建物に関しても地震が来た際におきましても住宅を耐えられるようにする為に、この工事が行われる事が多くなっています。
耐震につきましては工事を行う際には通常であれば1週間程度で完了する事が多くなっています。また工事業者に注意する必要が出てきます。工事業によっては悪徳業者も多くいますので、十分に注意して業者を選ぶ必要が出てきます。悪徳業者は柱にボルトにて空ける無駄な作業が多くされていますので、十分に注意が必要となってきます。
また、工事に関しては近隣住民におきましても迷惑が掛かる事が御座いますので十分に注意すると共に、工事を行う際にはあらかじめ近隣住民に、工事を行う事を伝えておく必要があると共に、工事中には騒音防止等をしておく必要があります。また、工事完了後には自分の目におきましてもきちんと、工事が行われている事を確認しておく必要がありますので注意が必要となってくるのです。

中古家屋でも地震に強い家になる

耐震補強工事の費用は安いものから高いものまであります。安いものもいくつかあります。価格が安いものは2万円前後で出来るものもあります。それは自分で補強をするタイプです。木造建築にしても他の建築にしても地震が来たときに家が倒れる可能性も高いものもあります。
そのときに備えるものがプラスチックの補強専用道具です。プラスチックのような形をした補強道具を木造の側面に斜めにばってんを描くように2つつけることで中古の木造建築がかなり揺れを感じたときに家が壊れる確率を少なくする道具もあります。もちろん高いものもあります。高いものはもっと値段がします。
中古の木造建築の場合、耐震のために壁の木造の部分にばってんを描くように板が取り付けられていない場合があります。板がばってんに取り付けられていないと揺れを感じたときに家が壊れやすくなりとても危険です。少しでも耐震工事にお金をかけてでも補強したい場合、建設工事会社と相談しながら側面の板のところに斜めに板を取り付けてもらう作業をしてもらいます。新しい建築を買わなくても中古の建築で補強出来るものはたくさんあります。耐震補強工事はお金をかけるほど安全の場合が多いですが、全く壊れないという保証だけはどこにもありません。

Copyright(C)2017 地震大国に住む人間には必須の耐震補強工事 All Rights Reserved.